助動詞の後は「動詞の原形」 助動詞のルールを覚えるだけで英語が分かりやすくなる

助動詞の後は「動詞の原形」 助動詞のルールを覚えるだけで英語が分かりやすくなる指導報告

 

\ 通い放題・勉強し放題の塾 /
富士市の塾「STUDY BASE」

通い放題・時間無制限・個別指導
「好きな時、好きな時間に通える」

通い放題勉強し放題個別指導型直接指導
テスト対策放課後利用1時間142円~入塾金無料

– ある日の教室内の風景 –

助動詞の後には「動詞の原形」!

これを覚えておいてください。何も疑問は持たず、とりあえず助動詞が出てきたらその後ろには動詞があるため、それは原形の形にしてください。

たったこれだけのことで、英語の理解度が全然変わります。

もう一度言います。

「助動詞の後は動詞の原形を置く!」です。

中学英語はルールを覚えるのが近道

中学英語は「ルールを覚えることが点数を上げる近道」です。

ある意味、数学に似ています。

数学の場合は、解き方に決まりがあり、また決められた公式を使うといったルールに従って計算を解いていきます。

中学英語も基本的には同じです。

今回のルールというのは、冒頭でも繰り返しお話しした「助動詞の後は動詞の原形を置く!」です。

疑問に思う気持ちはあるかもしれないが

なぜ助動詞の後ろの動詞は原形にしなければならないのか・・・。

このような疑問を持つ人もいることでしょう。

塾講師の立場から言うと、その疑問を考える必要はないと思います。

  • なぜ三平方の定理の公式が$$a^2+b^2=c^2$$なの?
  • なぜ日本語の「私」は英語で「I」となるの?
  • なぜ人はこの世に生を受けているの?

と同じくらいの疑問です。

テストで高得点を取ってくる生徒の多くは、「これはこういうもの」と割り切って覚えています。つまり「ルール」として覚えているのです。

動詞の直前に助動詞を入れる

そしてもう1つ。「助動詞は主語の後ろ、動詞の前」ということです。

というよりも「動詞の前に助動詞を入れる」と覚えておいてもよいでしょう。

そして文章にすると以下のようになります。

肯定文「主語」「助動詞」「動詞の原形」
疑問文「助動詞」「主語」「動詞の原形」~?
否定文「主語」「助動詞」「not」「動詞の原形」

こんな感じになるわけです。

基本的にはこのルールを覚えておくと問題が解きやすくなります。

さてここまで助動詞のルールについてお話ししてきました。

ここからは「助動詞には何があるのか?」ということです。これは一覧で一気に覚えてしまったほうがよいでしょう。

中学で出てくる助動詞一覧

中学で出てくる助動詞は以下のものとなります。

  • will
  • would
  • can
  • could
  • should
  • may
  • shall
  • must

これらはすべて同じ動きをします。つまり同じルールで動きます。

そのルールとは冒頭でもお話ししている

「助動詞の後は動詞の原形を置く!」

ということです。

疑問文になれば助動詞は文章の先頭、否定文のときは助動詞の後ろにnotを付けます。

肯定文「主語」「助動詞」「動詞の原形」
疑問文「助動詞」「主語」「動詞の原形」~?
否定文「主語」「助動詞」「not」「動詞の原形」

つまりこれです。

使う助動詞によってルールが変わるわけではない

使う助動詞によってルールが変わるということはありません。

willのときはこのルールで、canのときはこのルールで・・・といったことはないということです。

こう考えると少し楽になりませんか?全部同じことをしておけばよいのですから。

助動詞の後の動詞はなぜ原型?私なりの解釈

助動詞の後ろには動詞の原形を置くという話をしてきました。

ではなぜそうなるのか・・・。

私は言語学者ではないため、その正確な意味は知りません。というか知る必要がないと思っています。

ただ1つ理由を上げるとするなら、「助動詞は似た意味に置き換えることができます。そして置き換えたときも動詞の原形を使います。」

私の考えが合っているか間違っているかわかりませんが、私は生徒に以下のような説明をしています。

助動詞はtoで終わる英語に変化できる

助動詞というのは置き換え(言い換え)をすることができます。

たとえば「will」であれば「be going to」、「can」であれば「be able to」、「must」であれば「have to」に変化できます。

厳密にいうと、変化できるのですが意味は若干変わってきます。ただ教える先生によっては「同じ」として教えることがあります。

これを前提として、もう一度見てみます。

  • will = be going to
  • can = be able to
  • must = have to

どの助動詞も「to」で終わっている形に変化していますよね。

toの後ろに動詞を置く場合には、基本原型になると習ったことはありませんか?

A=Bの関係 Aで通じるならBでも通じる

よってたとえば「be going toの後ろに動詞の原形を置く」のであれば、当然、「willの後ろには動詞の原形を置く」ということになるのです。

A=B

Bの後ろには原形

よって

Aの後ろは原形

このような理屈となります。

助動詞の前は主語 後ろは動詞

先日、並び替えの問題に悩んでいる生徒がいました。

正確に問題を覚えていませんが、以下のような問題でした。

 ■あなたは公園に行くことができます。

 ( the park / go / can / to / you )

この問題を見た瞬間にわかることがあります。

まずこの文章が「肯定文」であり、なおかつ「can」が使われているということ。

助動詞を使った英文は「主語+助動詞+動詞の原形」の形となるため、「you+can+go」であるとの推測が立つわけです。

この推測が立つかどうかが非常に大切なのです。

よってこの問題の答えは

You can go to the park.

となるわけです。

疑問文が分からない場合はまず肯定文を考える

疑問文になってもルール通りです。

 ■あなたは公園に行くことができますか。

 ( the park / go / can / to / you /? )

助動詞が使われている疑問文ですので、「助動詞+主語+動詞の原形~?」の形になると推測できます。

よって

「Can you go~?」

といった文章になることが推測できます。

ただしなのですが、英語が苦手である場合、いきなり疑問文を考えることは難しいかもしれません。

そのようなときにはまず「肯定文」を作ってみて下さい。

肯定文が

You can go to the park.

であり、助動詞が使われている文章なので、助動詞を文章の先頭に持ってくれば疑問文になります。

よって回答は

Can you go to the park?

となります。

最後にもう一度!

くどいようですが最後にもう一度言います。

「助動詞の後は動詞の原形を置く!」

です。

まずはこのルールを頭の中で固定することをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました