【最終版】【2023年(令和5年度)】静岡県公立高等学校倍率 (富士・富士宮編)

通い放題・勉強し放題の学習塾
「STUDY BASE」

通い放題勉強し放題個別指導型直接指導
テスト対策放課後利用1時間150円~オンライン学習

– ある日の教室内の風景 –

2023年2月24日、静岡県公立高校の最終的な志願状況と倍率が出ました。

当塾「STUDY BASE」では富士市、富士宮市の高校へ進学する生徒が多いため今回はそこに注目します。

富士市・富士宮市の公立高校 【最終志願者数】について

2023年2月24日に、公立高校の最終的な志願者数と倍率が発表されました。

以下の表が、最終的な志願者数、そして倍率となります。

学校名 科名 募集定員 最終志願者数 最終倍率
吉原 普通 160 154 0.96
国際 40 21 0.53
吉原工業 機械工学
ロボット工学
電気情報工学
理数科学
160 100 0.63
富士 普通 240 300 1.25
理数 40 37 0.93
富士東 普通 200 201 1.01
富士宮東 普通 160 134 0.84
福祉 40 30 0.75
富士宮北 普通 120 135 1.13
商業 80 85 1.06
富士宮西 普通 160 161 1.01
富岳館 総合 200 217 1.09
富士市立 ビジネス探求 80 80 1.00
スポーツ探求 40 51 1.28
総合探求 120 107 0.89

思ったよりも富士高校(普通)の受験者数が減らず、富士東高校や富士宮西高校への志望校変更が少なかったように思えます。

※以下にも表が掲載されていますが、最終版の志願状況ではありません。最終版は上記している表です。

志願者数と倍率の変化

以下ははじめの志願状況と最終的な志願状況を一緒に表にしてみたものです。

学校名 科名 募集定員 志願者数 倍率 最終志願者数 最終倍率
吉原 普通 160 155 0.97 154 0.96
国際 40 20 0.50 21 0.53
吉原工業 機械工学
ロボット工学
電気情報工学
理数科学
160 101 0.63 100 0.63
富士 普通 240 306 1.28 300 1.25
理数 40 35 0.88 37 0.93
富士東 普通 200 200 1.00 201 1.01
富士宮東 普通 160 132 0.83 134 0.84
福祉 40 30 0.75 30 0.75
富士宮北 普通 120 137 1.14 135 1.13
商業 80 85 1.06 85 1.06
富士宮西 普通 160 158 0.99 161 1.01
富岳館 総合 200 217 1.09 217 1.09
富士市立 ビジネス探求 80 79 0.99 80 1.00
スポーツ探求 40 51 1.28 51 1.28
総合探求 120 108 0.90 107 0.89

富士市・富士宮市の公立高校 志願者数について

以下の表は初めの志願状況です。

学校名 科名 募集定員 志願者数 倍率
吉原 普通 160 155 0.97
国際 40 20 0.50
吉原工業 機械工学
ロボット工学
電気情報工学
理数科学
160 101 0.63
富士 普通 240 306 1.28
理数 40 35 0.88
富士東 普通 200 200 1.00
富士宮東 普通 160 132 0.83
福祉 40 30 0.75
富士宮北 普通 120 137 1.14
商業 80 85 1.06
富士宮西 普通 160 158 0.99
富岳館 総合 200 217 1.09
富士市立 ビジネス探求 80 79 0.99
スポーツ探求 40 51 1.28
総合探求 120 108 0.90

参照:令和5年度静岡県公立高等学校入学者選抜 志願者数一覧(静岡県)

当塾の意見と予想

富士高は普通科の倍率が高くなっており、理数科が定員割れをしています。そのため、普通科から理数科への志願変更者が少なからずいるかと思われます。

また富士高の普通科志望の生徒が、富士東へ20人~30人程度は流れる可能性があると考えています。

よって富士東の倍率は1.0倍ですが、1.05倍~1.1倍程度になるかと思われます。

富士宮北も倍率が若干高くなっており、定員割れをしている富士宮西や富士宮東あたりに志願変更をする生徒が少なからず出てくるかと思われます。

志願変更は2月22日~24日となっているため、今回の倍率をみて変更を希望する人は学校や保護者と相談してみるとよいでしょう。

当塾の意見と予想がハズれる結果に

上記した通り、富士高の普通科の倍率が高くなっていたため、富士東高校へ20人~30人程度は流れるだろうと考えていました。

ところが実際は6人ほどの動きしかありませんでした。

考えられることとしては、近年、私立高校の人気が高まってきたことも影響しているのかもしれません。

富士高校を受験するくらいの生徒であれば、たとえば星陵高校の英数科総合の併願をし合格をしていることでしょう。

星陵高校は私立であるため、指定校推薦も数多く持っており進学実績もあります。

そのような面からもすでに進学先は確保している状態であり、挑戦してみたいと考える生徒が多いのかもしれません。

中学3年生の皆さんには希望通りの高校へ進学できるよう、頑張ってもらいたいものです。