富士宮でおススメの塾 学区外の塾のメリット

 
\ 通い放題・質問し放題の塾 /
富士市の塾「STUDY BASE」
 

富士宮市には数多くの塾があります。

多くの塾の中でどこがおススメなのかなかなか分からないことでしょう。基本的には富士宮の学校に通っている生徒の多くは、富士宮市内の塾を選ぶことでしょう。

たとえば以下のような理由で塾を選んでいませんか?

  • なんとなく近くの塾に通っている
  • 友達が通っているから

しかし塾選びで大事なことは

  • 成績の向上
  • 学習習慣を身に付けること

などではないでしょうか。

これらの目的を果たせなければ塾に通う意味はないことでしょう。

逆にいうと、これらの目的を果たせる塾に通うことこそおススメの塾であり、塾に通う意味が見いだせるのです。

一斉授業の塾に通っている疑問

学校と同じような授業を行っている塾に疑問を持ったことはありませんか?

そもそも塾とは、学校の授業で上手く理解することができないから通っているケースがほとんどです。

それなのに、塾でも同じスタイルの授業を受けて理解ができると思いますか?

塾の講師の教え方が学校の先生より優れている?

塾の講師の教え方が、学校の先生より優れているのでしょうか。

それであれば学校の授業と同じ形式で授業を行う塾に通う意味はあると思います。

しかしそのようなことはありません。むしろ教えている時間数や経験でいったら学校の先生の方が上であるケースがほとんどです。

だからこそ、通っている、もしくは通おうと考えている塾が学校のような一斉授業を行っているのであれば、一度考えてみる必要があると思います。

塾に通って成績を伸ばすということであれば、「個別指導型の塾」を選ぶ方が良いでしょう。

さらに学力を向上させるのであれば、「豊富な練習量」がどうしても必要となってきます。

個別指導タイプで豊富な練習量を確保することができるのが当塾「STUDY BASE」です。

>>これまでの塾の疑問

いつでも通えていつでも聞ける

当塾「STUDY BASE」は富士市大淵地区にあります。

富士宮からは意外と近く、車で15分程度で来ることができます。車で15分を近いと考えるか遠いと考えるのかは人それぞれです。

しかし当塾のシステムは他塾とは異なっており、「そんなタイプの塾がよい」という指示を受け、遠方からも通塾してくれる生徒が複数人います。

自由度が高い塾 こんな塾は他にはない

当塾のシステムは「いつでも通えていつでも聞ける」となっています。

つまり開講日である月曜日から金曜日まで、15時~22時の間であればいつでも塾に通うことができます。

毎日通ってもよいですし、1週間に1度でも構いません。

なぜこのようなスタイルを取れるかというと、「決まった授業時間を設けていないため」です。

図書館で自習しているところに講師がいる

当塾のイメージとしては「図書館の自習室に教えてくれる人がいる」といったものが一番近いかもしれません。

そのため、当塾の基本スタイルは「自習」となります。

ただこれも、生徒によってまちまちです。

  • ひたすら学校の宿題を行っている
  • わからないところを聞いてくる
  • 講師に出された問題を解いている
  • 友達に教えている

本当にさまざまです。

時間無制限のため勉強以外の話もできる

当塾は授業が組まれていないため時間無制限です。

時間無制限であるため、勉強をたくさんすることができます。

ただしさすがに勉強ばかりでは集中力が持たないし飽きてしまうため、勉強とは関係のない話をすることもあります。

家族以外の大人と触れること

一見勉強以外の話は無駄に思えるかもしれませんが、家族以外の大人とコミュニケーションをとるのは非常に大切なことです。

実際、塾生の保護者からも評価をいただいています。

勉強は大事ですが、その先に待っているのは「社会」です。

色々な人間とコミュニケーションをとっていくこととなります。その練習にもなるというわけです。

いろいろな学校の生徒が通塾している

当塾の特徴としては、さまざまなエリアの生徒が通塾している点です。

そのため、「同じ学校の生徒にあまり会いたくない」という生徒に対しては都合のよい環境ではないでしょうか。

一昔前は、生徒が自ら通塾することが多かったかもしれません。

しかし最近では、車での送迎が非常に多くなってきました。このことにより通塾の範囲も広がってきました。

そのため「家の近くの塾に通う」という意識が低くなってきた気がします。

「遠くにある自分に合った塾に通う」

という意識が高まってきたのではないでしょうか。

勉強するしかない環境

当塾へ通塾する生徒の多くは親御さんの送迎が中心となります。

そのため裏を返すと、「親御さんの迎えがない限り勉強し続けるしかない環境」といえます。

自力で帰るのは少し大変

当塾から生徒が自力で帰るのは、結構大変です。

帰りの道中は意外と暗く、生徒だけでの移動は推奨していません。

家までの距離が比較的近い大淵第一小学校や中学校の生徒は別として、そのほかの学校から通う生徒は自力での通塾は難しいことでしょう。

だからこそ「親御さんが迎えに来るまでは勉強するしかない環境」となるわけです。

実例

例えばある小学生の話ですが、ほぼ毎日、17時くらいに塾に来ます。

そこから22時前まで親御さんが迎えに来ません。よって約5時間、塾で過ごすことになります。

流石に5時間勉強し続けることは難しいため、時折休憩や食事休憩を入れて過ごしています。

もし自宅のそばの塾であれば、そして授業時間が決まっている塾であれば、塾が終わったら帰ることになるでしょう。

しかし当塾の場合は自宅からも遠く、授業時間も無制限であるため、このように何時間でも勉強することができるのです。

その子もはじめのうちは慣れなかったのですが、今ではその勉強時間を受け入れ、上手く休憩をはさみながら頑張っています。

結果的に、これまで苦手としていたところもできるようになってきました。

>>お迎えに来るまで勉強するしかない 「塾が遠い」=「最高の学習環境」

遠くの塾に通うのも悪くはない

このように、遠くの塾に通うのも決して悪くはないことだと思います。

とくに当塾のようなシステムを採用している塾は非常に少なく、だからこそ現在、遠いエリアから通塾してくれる生徒が多いのです。

実際当塾には、富士宮から通っている生徒がいます。

親御さんは送迎が大変となってしまうかもしれませんが、学区外の塾への通塾も考えてはみませんか。

タイトルとURLをコピーしました