【2024年度】静岡県私立高校入試の倍率発表

通い放題・勉強し放題の学習塾
「STUDY BASE」

通い放題勉強し放題個別指導型直接指導
テスト対策放課後利用1時間150円~オンライン学習

– ある日の教室内の風景 –

1月31日、静岡県の私立高校入試倍率が発表されました。

静岡県東部の私立高校入試倍率

当塾の塾生が進学を希望するエリアである、富士市、富士宮市、沼津市を中心に私立高校に焦点を絞って紹介したいと思います。

これら以外の私立高校の倍率は、ページ下部に掲載してあります。

学科 募集定員 志願者 倍率
星陵 普通 80 289 3.61
英数 320 932 2.91
日大三島 普通 680 1175 1.73
富士見 普通 400 996 2.49
飛龍 普通 390 554 1.42
自動車工業 40 71 1.78
桐陽 普通 350 966 2.76
加藤学園 普通 500 1205 2.41
加藤学園暁秀 普通 210 432 2.06
御殿場西 普通 280 652 2.33
誠恵 普通 240 251 1.05
知徳 普通 210 423 2.01
情報ビジネス 80 141 1.76
福祉 80 85 1.06
創造デザイン 40 64 1.6

星陵高校の普通科の募集定員が2023年と比べ半分となりました。そしてその分、英数科の募集定員が増えました。

あとは加藤学園暁秀の倍率が若干ですが上がりました。

それ以外の高校は去年とほぼ同じとなりました。

2024年と2023年の倍率を比較

次に2024年度と2023年度を比較してみたいと思います。

2024年度 2023年度
学科 募集定員 志願者 倍率 募集定員 志願者 倍率
星陵 普通 80 289 3.61 160 401 2.51
英数 320 932 2.91 240 1055 4.4
日大三島 普通 680 1175 1.73 680 1274 1.87
富士見 普通 400 996 2.49 400 978 2.45
飛龍 普通 390 554 1.42 390 391 1
自動車工業 40 71 1.78 40 67 1.68
桐陽 普通 350 966 2.76 350 1005 2.87
加藤学園 普通 500 1205 2.41 500 1130 2.26
加藤学園暁秀 普通 210 432 2.06 210 339 1.61
御殿場西 普通 280 652 2.33 280 676 2.41
誠恵 普通 240 251 1.05 240 326 1.36
知徳 普通 210 423 2.01 210 393 1.87
情報ビジネス 80 141 1.76 80 138 1.73
福祉 80 85 1.06 80 84 1.05
創造デザイン 40 64 1.6 40 71 1.78

そのほかの静岡県内の私立高校入試倍率

ここからは、上記で紹介した以外の静岡県の私立高校入試の倍率を紹介します。

学科 募集定員 志願者 倍率
清水国際 普通 180 154 0.86
ITビジネス 70 105 1.5
静岡サレジオ 普通 170 281 1.65
東海大学付属静岡翔洋 普通 360 638 1.77
静岡大成 普通 200 401 2.01
静岡英和女学院 普通 120 95 0.79
城南静岡 普通 240 392 1.63
ICT 40 56 1.4
静岡女子 普通 80 28 0.35
家政 40 36 0.9
商業 40 42 1.05
福祉 40 25 0.63
常葉大学付属常葉 普通 240 134 0.56
静岡大学付属橘 普通 340 728 2.14
英数 60 172 2.87
静岡北 理数 90 333 3.7
国際コミュニケーション 40 87 2.18
普通 310 614 1.98
静岡学園 教養科学 360 1309 3.64
焼津 総合 175 372 2.13
静清 文理探究 40 34 0.85
工学探究 200 370 1.85
藤枝順心 普通 190 193 1.02
藤枝明誠 普通 200 700 3.5
英数 185 731 3.95
島田樟誠 普通 280 709 2.53
常葉大学付属菊川 普通 335 1005 3
美術・デザイン 40 49 1.23
磐田東 普通 330 1421 4.31
浜松学院 普通 280 1321 4.72
浜松修学舎 夢みらい 175 558 3.19
看護・看護専攻 70 52 0.74
浜松開誠館 普通 280 912 3.26
浜松学芸 普通 196 886 4.52
探究創造 60 111 1.85
芸術 70 65 0.93
静岡県西遠女子学園 普通 180 75 0.42
浜松聖星 普通 200 716 3.58
浜松日体 普通 320 907 2.83
聖隷クリストファー 英数 94 118 1.26
普通 200 987 4.94
オイスカ浜松国際 普通 180 392 2.18
浜松啓陽 情報コミュニケーション 200 429 2.15

参照⇒静岡私学ネット

倍率の高さはあまり気にしないほうがよい

私立高校の倍率は、去年と同じくらいの倍率となりました。

近年、私立高校の人気が高まっており、これからも高くなる可能性はあります。

公立受験者も受験するため倍率は高くなる

私立高校は倍率は、公立高校の倍率と比べて高くなりやすいです。

そのため心配する人もいるかもしれませんが、それほど心配する必要はありません。

なぜなら、公立高校を併願する生徒が混ざっているためです。逆のことをいうと公立高校を受験する生徒のすべてが私立高校を受験します。

そのため、必然的に私立高校の倍率は高くなるのです。

受験できる=ほぼ合格

私立高校の入試に関しては、「受験する=合格」のようなものです。

中学側で「受験して大丈夫」といわれて受験するのであれば、基本的には合格します。

不合格者は話で聞いたことがある程度

これまで教育に20年ほど携わっていますが、私立高校の受験で不合格になってしまったという話は個人的には経験がありません。

ただし今までに2件だけ、話には聞いたことがあります。

話で聞いただけで定かではないのですが、受験当日の休み時間に生徒同士がふざけあっていた(話していた?)ということで不合格になったという話を聞いたことがあります。

そのため、受験当日くらいはおとなしくしていたほうがよいでしょう。

面接はあまり緊張しないように

面接で反抗的な態度を取らない限りは大丈夫かと思います。

そもそもですが、面接官からしてみれば生徒が緊張しているというのは当然わかっています。もしかしたら緊張しすぎて変な答えが返ってくるかもしれないということもわかっています。

緊張しないように!というのも難しいとは思うのですが、普通に聞かれたことに対して答えれば何の問題もありません。

ドアのノック回数が1回足りないとか、座っているときの手の位置がどうとか、学校の面接練習ではいろいろ言われたと思います。

気にするなとは言いませんが、それほど大事ではありません。普通に目上の人と敬語で話すことができればよいでしょう。